私の中にあるもの 18

裕二のそこを天辺から唇で覆っていき、同時に根元をやんわり握る。
裕二の性器はたぶん普通より少し大きめなんじゃないかと思う。それまでの私の少ない経験と比較してのことだから、全く客観性はないが、少なくとも、これまで交わった男の人の中では一番大きかった。
そのため、全部を咥内に含ませて長時間動くことは耐えられなかったから、上半分を口で、下半分を手で扱いた。握っていないもう片方の手で対照的に柔らかい丸い袋やその奥のすぼみをさすってみる。
裕二の息が荒くなって、私の頭に添えられた指先に力がこもっていく。
口と手の扱く速度を限界まで早めていった。
「理絵。やばい・・でる」
切羽詰まった声が頭上からした。裕二が半身を起こして、私の頭を両手で挟んだ。
「もういいよ。」
そう言われても、私は行為を続けようとしたが、もう一度「理絵。」と名前を呼ばれて裕二の手が屈み込んだ頭をそこから引き剥がそうとするのを感じて、ようよう口を開いた。
「出してくれていいのに・・・」
と呟くと、裕二は顔をしかめる。
「そんなん駄目。」
言いながら私の体を押し倒して胸の先を音を立てて吸い立てた。
「やっ!」
急な刺激に首筋が反り返って声が出てしまう。
「ごめん、もう入れるよ。」
しつこく手と口で責め立てたせいで、裕二にはもう余裕がないらしかった。それは私の意図するところだったから、私は快諾する。
裕二がベッドの脇に置かれたローチェストの引き出しからゴムを取り出し、装着しているのを見ながら、彼の指が触れているそこをくわえていた唇に生じた麻痺を軽くさせるために口を軽く開け閉めしてみた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック