優しい手 1

「私の中にあるもの」はとりあえずまとまりました。
今日から全く別の新しいお話始まります。
ではどうぞ!

優しい手


-1-

その日の唯奈の運気は放課後を境に一気にどん底に下がってしまった。
余計なことを知ってしまったせいで、それまで最高潮に盛り上がっていた乙女気分は儚くも粉々になってしまったのだ。それでも落ち込んでいるわけにはいけない。唯菜はせっかく掴んだ幸せ(今日で形骸化してしまったとしても)を手放してしまえるほど潔くはなかった。

校舎の玄関に設置された傘立ては、ステンレス製の頑丈なもので腰掛けるのにちょうどよかった。晴れが続いていて、そこにはもう見捨てられたとしか思えないような骨が折れたものやナイロンが破れたような傘が数本まばらにささっているだけだった。入り口の脇に広がるステンレスの格子は外の光に照らされて明るいが、立ち並ぶ靴箱の辺りはその光から見放されたように薄暗い。
唯菜がここに走り込んできたときには、委員会を終えて下校する生徒が何人も靴を履いて出ていったが、気が付くとずいぶん前から人通りが途絶えてしまっている。
いま何時なんだろう?
携帯を見ればすぐに分かるのに確かめるのも億劫だった。何にもせずに一人で座っていると、余計に思考がネガティブな方向になってしまうのを止められなかった。それでも、さっきの衝撃から幾分は復活しつつある。
やっぱり教室に迎えに行こうかな。
立ち上がると、ずっと格子に座っていたせいでお尻から太股にかけて痛みが走った。背を伸ばすと固まっていた腰部も軋みそうだった。こんなになるまで同じ姿勢でいたことに自分自身で呆れてしまう。
その時、校舎の方から男子生徒の声が聞こえた。2年生の教室がある北校舎の方から時々けたたましく笑う声の混じる話し声と上履きの底と床が擦れる音が近づいてきた。3,4人の生徒の声が静かな廊下に響いて、唯菜はその中に自分の待っている人の声が混じっていることに気付いた。
慌てて自分の靴箱の方に移動する。
「あっ井上いるじゃん。」
やって来たのは同じ組の田口と藤山と俊介の3人だった。彼らと唯菜は数人の女子も交えて、休み時間に一緒に過ごすメンバーなので、こういう時は普段なら軽く一言発するはずなのだが、ただ笑って手を振っただけだった。
「お出迎えご苦労!」
「お前が言うなよ。」
「ははは、まあいいじゃん、なあ井上?」
笑顔でいることに必死で、なんだか盛り上がっている男子に混じる気力はなかった。3人が各自の靴箱からスニーカーを出して履き替えると、そのまま外に出た。
「んじゃな」
「おふたりさんさようならー」
田口と藤山はそのまま校門の方へ、俊介と唯菜は自転車置き場へとそれぞれ歩いて行った。
「なんでメール無視すんのさ。」
隣を歩く俊介の肩当たりに唯菜の頭があって、お互いかなり無理をしないと顔は見えない。
「なにが?」
「委員会終わったらメールくれるって言ってたのに。全然くれないからメールしたんだぞ。」
「えっ!うそ。」
唯菜は慌てて鞄から携帯を取り出すと、マナーモードになっていた。
「あちゃ、マナーモードになったままだった。」
「委員会だいぶ前に終わってたんだろ?あんなとこで待ってなくても。」
俊介が呆れたように言った。
「ああ、ちょっと友達と話してたから。」
委員会が終わってメールをせずにすぐに教室に迎えに行ったことは言えない。今日、聞いてしまったことはとりあえず私の胸にしまっておこうと唯菜は決めていた。
「話って玄関で?」
「えっ、ううん、委員会の教室でだよ。」
まさかこんな突っ込みをされるとは予想外で、とっさの返答に詰まってしまう。
「ふーん、じゃあやっぱ待ってたんだ。」
「待ってないって!来たばっかだよ!」
つい、きつい物言いになってしまう。しまったと思ったときは既に遅し、普段通りを貫くはずが、こんなしょうもないことでヒステリーってどうよ。
余りにも情けなくて、俯いたまま歩く。気まずすぎて俊介の方を見ることができない。
「足にかた残ってるよ。」
俊介がぼそっと呟く。
「へっ?かた?」
「傘立てのかたが。」
「うそっ!!」
慌てて背を反らして太股の後ろを確認しようとするが、よく見えない。スカートから出ている部分を触ってみると格子状に表面がくぼんでいるのが分かった。こんなことなら妙な嘘を付くんじゃなかった、と熱くなった頬を押さえた。
「もしかして」
俊介の訝しむような声にどきんと心臓が波打つ。ばれた?
「おまえ、脳トレしてたんだろう?」
「えっ、そ、そうだよ。分かった?」
「なーに、一人で特訓して俺を負かそうたってむりむり!」
数年前に一世を風靡したDSのゲームソフトを俊介のお兄さんが持っていたのを彼が見付けて以来、仲間内で密かにはまっていた。俊介のように家でそのソフトを眠らせていた子は他にもいて、そのソフトを使い回していた。
単純な計算を繰り返したり、バラバラになったパーツから漢字熟語を当てたりするのだが、どれもタイムを競うようになっていたから、誰がベストの記録を打ち出すかに燃えていたのだ。
そのゲームのトレーニングの一つに「瞬間記憶」という、画面上にある枠に一瞬現れる数字を記憶し、次に表示される同じ形の枠を先に表示された数字の小さい順にタッチペンで押さえていき、正解すると枠の数が増えていくというものがあるのだが、唯菜はこれが苦手だった。何度か繰り返す内に平均並にはなったが、俊介は逆にこれが得意で、幾ら唯菜が記録を更新しても彼には敵わなかった。
この数日唯菜が半ばやけになって、そのトレーニングばかり繰り返しているのを俊介はその度にからかっていた。
「いい加減諦めたら?井上って意外と負けず嫌いなんねー。」
「別にあんたに負けてるからやってんじゃないもーん。これ克服できたらちょっとは数学得意になるかなーと思って」
俊介の安易な思いつきに便乗してとりあえずは難を逃れたことにほっと息をつく。
まあ、気付くはずないよね。
唯菜が委員会を終えてすぐに自分の教室に戻り、戸を開けようとしたときに室内で男子生徒が喋っていた内容を聞いた後、中には入らずにその場を離れたこと、それからずっと玄関ロビーで座っていたことは誰も知らないはずだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック